助産師神藤多喜子先生考案 おっぱい体操

助産師神藤多喜子先生考案<おっぱい体操>とは
ただ単にバストの大きさや形に注目したケアでは無く、
全身の骨格や筋肉のつき方・血液やリンパの流れなどを考慮して開発された
ストレッチ・呼吸運動・骨盤底筋体操を組み合わせた全身運動です。


おっぱい体操の嬉しい効果

おっぱいは主にリンパ腺・乳腺・脂肪から出来ています。乳腺はエストロゲンという女性ホルモンの分泌量が増える事で発達し、乳腺を守るために脂肪がついておっぱいが膨らみます。

この様に<おっぱい>は女性ホルモンや卵巣と密接につながっているのですが、手足と異なり自発的に運動する事は出来ません。
その上、現代はブラジャーや衣類にしめつけられている時間も多く、又、家電製品の普及により昔の人と比べて家事での全身運動量が極端に少ない生活をしています。
そのため全身の循環も滞りがちになり、冷え・むくみ・便秘・月経障害などのトラブルを引き起こします。
さらに胸の筋肉が運動不足で充分に発達していないと、おっぱいを良い位置で支えられないばかりか、筋肉にサポートされているリンパ液の循環が滞り、
背中・肩のコリやこわばり、偏頭痛、全身のだるさ、そして形や大きさなどのおっぱいの悩みにつながるのです。
実は、<おっぱい>は、循環やホルモンバランスが整っている時には、マシュマロの様にフワフワと柔らかで形良く、温かいのですが、バランスが乱れている時には冷たく硬くなってしまいます。
女性ホルモンの状態は目で見る事は出来ませんが、おっぱいの様子でその働きを見る事が出来るのです。
なので<見えるホルモン>と呼ばれているおっぱいをフワフワ柔らかな状態に保つことで女性ホルモンのバランスを整える事が出来るのです。

そこで、大胸筋・腹筋・骨盤底筋に働きかけるストレッチと乳房自身の血流を良くする「おっぱいはずし」「おっぱいゆらし」をする事で、
筋肉やリンパそしてホルモンのバランスが整い、フワフワと柔らかで形良く、温かいおっぱいを手に入れる事が出来るのが神藤多喜子先生考案<おっぱい体操>なのです。

そもそもおっぱいは授乳のため、パートナーのためだけにあるのではない!
すべての女性の心と身体の健康のため、そして、女性がもっと自分を好きになり、女性であることを楽しめるように、毎日を楽しく輝いて暮らす事が出来るようになる為にあるのです。

あなたとあなたの周りが自分の身体を大切にできる女性でいっぱいになりますようにこのストレッチが全ての女性の助けとなりますようにそんな強い思いを込めて作られたメゾッドがおっぱい体操なのです。


開催日時・費用

所要時間: 2〜3時間
費用: 5,000円
場所: 当サロン

JR高槻駅までの送迎いたします。
高槻市内在住の方はご自宅又はご希望の場所への送迎いたします。
お車でお越しの方は駐車場を確保いたします(1台分)。

*サロンご予約可能日にお申込みいただけます。

ご不明な点はお問い合わせください。

ご予約の空き状況の確認はコチラ